• 日本人・日本語ツアーガイド@ロシア

聖ワシリイ聖堂を観光する


赤の広場の南部には、ロシアの象徴である聖ワシリイ大聖堂があります。色、パターン、形のこの非常識な混合物は、ロシア建築に特有のスタイルの集大成です。 1552年、執り成しの饗宴で、イヴァン4世がカザンのタタール人の要塞を占領しました。勝利を記念して、彼は正式に仲裁大聖堂と呼ばれるこの象徴的な教会に依頼しました。 1555年から1561年にかけて作成されたこの傑作は、ロシアの主要なシンボルとなっています。


大聖堂の形の明らかな無秩序は、9つの主要な礼拝堂の明確な計画を隠しています。中央の高い寄棟の塔には、最も神聖な神の母の執り成しの名を冠した教会があります。 4つの最大のドームは、4つの八角形の礼拝堂の上にあります。聖人キプリアヌス教会とジャスティーナ教会、聖三位一体教会、聖ニコラスワンダーワーカーのアイコン教会、エルサレムへの主の入場教会です。最後に、それらの間に4つの小さな礼拝堂があります。各礼拝堂は、カザンとの闘いにおける出来事や戦いに敬意を表して奉献されました。


伝説によると、イワンは建築家を盲目にして、このようなものを決して建てることができないようにしました。しかし、これは神話です。記録によれば、建物に礼拝堂を追加するために、四半世紀後(およびイワンの死後4年)に雇われたことが示されています。


1階の北東の礼拝堂である聖ワシリイ教会には、モスクワで最も尊敬されている彼の同名の天蓋で覆われた地下室があります。ヴァシリー(ヴァシリー)祝福された者は「聖なる愚か者」として知られており、時には裸になり、神の栄光のために故意に屈辱を与えました。彼は予見者で奇跡の労働者と見なされ、イヴァン4世でさえ彼を尊敬し恐れていました。この10番目の礼拝堂(地上で唯一の礼拝堂)は、聖人の死後、1588年に追加されました。赤の広場とクレムリンを背景に、聖バジル自身を描いたアイコンを探してください。

最新記事

すべて表示

サンクトペテルブルグはロシアの北に位置する大都市。 500万人を超える人口で、ロシア人から非常に人気の高い街です。 サンクトペテルブルクは、サンクト、ペテルブルク 、ピーテルなど様々な名前で呼ばれ、ロシア人はもちろん、世界中の人々に愛されています。 そんなペテルブルクで、通訳、翻訳、ビジネスアテンドなど必要な場合は、日本語・日本人ガイド@ロシアまでご連絡下さい。 ご要望に応じて、ベストなガイドを

サンクトペテルブルクで通訳および翻訳サービスを提供しています。サンクトペテルブルクの歴史、クラシック音楽や芸術に精通したガイドが、他に類を見ない素晴らしいサービスを提供いたします。 サービス内容 サンクトペテルブルク在住の日本人が、必要に応じて通訳を同行します。ご要望に応じて、ユーザーに同行し、サイトにご案内します。 アテンドする者に内容と場所を教えていただければ、その日のルートを計画します。 申

https://www.moscowguide411.com/ ↑モスクワ、サンクトペテルブルグのガイドはこちら モスクワに住む日本人があなたに同行し、あなたのために翻訳し、予約します。 地元の日本人、日本人からのガイド翻訳者、レストラン予約代理店、出席、さまざまなイベントの手配、留学、ビジネス相談など、モスクワで好きなことをすることができます。 日本人スタッフがロシアへの旅行を安全にサポートしま